あれこれと

北海道に関するホームページを作ったけど、いまいち訪問者が増えないので、ブログを立ち上げて、こちらを経由してホームページを訪問してくれる人が増えるといいなぁと。なので、こちらではテーマもなく、北海道とも無関係なことも書いていきます。こちらのブログを見た方は、リンク先のホームページ「いつでも北海道に行きたい!」も見てみて下さいね!

戸塚のパン屋「たね埜」

用事があって戸塚まで行ったので、せっかくだからと、行ったことがないパン屋さんを探して行ってみました。
まだ中学生や高校生の頃は、部活の遠征試合とかで、戸塚駅を利用していたし、なんなら、もともとは戸塚区民だったりするのですが、すっかり変わってしまった戸塚駅に昔の面影を見つけることはできません(単に忘れてしまっただけというウワサもありますが)。
「いつの間に、こんなカオスな駅になってしまったんだ・・・」
駅の向こう側へ行きたかったので跨線橋を渡ったら、知らぬ間に区役所の中に入ってしまうし。Google Mapがなければ完全に迷子になっていたところでした。
お店は、戸塚駅から徒歩5分もかからないところにあります。あまり目立たない店構えだったので、うっかり行き過ぎてしまいそうになりましたが、並んでいる人がいたので、「あぁ、ここか」と気が付きました。
お店はそれほど広くはなく、コの字に配列された棚にパンが並んでいて、入口から半時計周りにパンを選んでいくと自然にレジにたどりつきます。どのパンも美味しそうですが、メインはレジ側の棚のようで、豪華そうな総菜パンなどがいっぱい並んでいます。
買ったのは、極上プライム牛の自家製ロースト・ビーフ(790円)、切り立て生ハムとカマンベール(550円)、もちもち大学いもパン(350円)、フレンチトースト(150円)、カンパーニュミックスナッツ(330円)、もちもち大納言(280円)、海老カレーパン(398円)です(内税)。

 

 

 

 

 

 

こちらのパン屋さん、調べてみると、近くにあるイタリアンのお店「ユナイテッド」の姉妹店だそうです。
ローストビーフや生ハムのサンドイッチを食べると、なるほど具材が主役でパンは脇役なんだなぁということがわかります。パンが美味しくないというわけではないですよ。パンは、主役の具材をひき立てる役割として存在しているという意味です。790円のローストビーフのパンは、「そりゃ高いはずだよなぁ」というボリューム感があるし、もちろん美味しい。サンドイッチ以外のパンも美味しかったです。どのパンも若干味が濃い目で、こういう価格帯なので、普段食べるパンというよりも、たまに通うのに向いているように思いました。



お店のインスタはこちら


以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・ブログ「あれこれと パン屋さん」⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

関内のスープカレー屋「KIFUKU」

この日は休日に働いた日の代わりに、平日に休みをいただきました。平日なら普段混んでいるお店もすいているだろうと思って、久しぶりに龍鳳酒家へ向かったら、なんと並んでいる人の姿が。平日の13時頃だというのに、なぜか中華街大通りは土日並みの人の数だし。見た感じはサラリーマンというわけではなく、学生っぽい人の姿が多かったです。春休みにはちょっと早いけど、なんでこんなに人が多いのだろう?

ということで、中華街を離れ、「何を食べよう?」と、フラフラとハマスタ方面へ歩いているうちに、そういえば、現在、お店を建て替え中の愛群が、こっちのほうに出店していたなぁということを思い出し、TVKの近くにあるお店へ行ってみたら、なんとお店がなくなっているではありませんか!調べてみたら、中華街のお店が出来上がり、2/5にリニューアルオープンするとのこと。
「タイミングが悪かった・・・」
ということで、またあてもなくフラフラと関内駅方面に歩いているうちに、KIFUKUのことを思い出しました。KIFUKUが入るビルも再開発で近いうちに壊されるかもしれないので、その前に、一度は食べに行きたいと思っていたのでした。
お店の前に着くと、ちょうど食事を終えた最後のお客さんが出てきたところでした。13時を過ぎていたので、もしかしたら休憩に入るかなと思い
「大丈夫ですか?」
と、聞くと
「大丈夫ですよ。お好きな席へどうぞ」
とのことで、一安心。ようやく昼ご飯が食べられる。
メニューをパっと見た感じ、基本的には、スープカレー1種類とルーカレー1種類しかないようでした。スープカレーは以前食べているし、この時は、ルーカレーの気分だったので、ルーカレーを注文しました(1,300円)。あと、ラッシーも久しぶりに飲みたいなぁと、そちらも注文しました(400円)。

 

たぶんですが、野菜、チキン、ライスはスープカレーと同じなのでしょうね。ライスは、かなり硬めで、スープカレーに合うようにしてあると思うのですが、ルーカレーにはちょっと合わないような気がしました。美味しかったですが、やはりスープカレーを食べたほうがよかったなぁ。



こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

日能研の問題


座右の銘なんて考えたことがないなぁ・・・。
座右の銘はなんですか?」なんて聞かれたこともないし、相手に聞いたこともないし。面接以外では、きっと、ある程度、地位がある人じゃないと、そういう質問を受けないのではないかという気もします。逆に、座右の銘がない私のような人間は、そういう地位には無縁だということなのかもしれないなぁ。座右の銘って、大げさな言い方をすると、その人の目指すべき生き方みたいなものですからね。それがないというのは、少々、問題かもしれない(笑)


こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!
日能研のHP⇒こちら

重松清さんの「ビタミンF」を読みました


「ビタミンF」について、あとがきに説明があります。「(ビタミンFは)ないから、つくった。(略)ひとの心にビタミンのようにはたらく小説があったっていい。そんな思いを込めて、七つの短いストーリーを紡いでいった」とあります。その説明のとおり、心がほんわかと温まるような七つの短編からなっています。
主人公は、皆、40歳手前ぐらいの男性です。結婚し、自分の家庭を持ち、実家には親がいて、会社では自分の立ち位置がなんとなく見えてきて という年齢です。それぞれの主人公は、特に変わっていなくても、子供は成長し、親は年をとり、その関係性に変化が生じてきます。はじめは、その変化になかなか気が付きませんが、あることをきっかけに、それに気づき、それに向き合っていく姿が描かれています。
どの話も、劇的な展開というのはありませんが、きっと多くの人にとって、身近で、理解しやすい話で、「たしかに、ビタミンFをいただきました!」と、重松さんに伝えたくなるような小説でした。


こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

自動運転技術

先日、新聞を読んでいたら、羽田イノベーションシティの敷地内で自動運転バスが運行されているが、その自動運転のレベルをこれまでの「レベル2」から「レベル4」へ上げる申請を4月に行う予定だということが書いてありました。また、別のニュースでは、政府は4月、特定条件下で運転を完全に自動化する「レベル4」の運行許可制度を盛り込んだ改正道路交通法を施行し、バスやタクシーを使った無人自動運転移動サービスを解禁する というものがありました。
自動運転のレベルというのは、あまり馴染みがないかもしれませんが、以下のように定義されています。

なんて、偉そうなことを言ってますが、新聞やネットで読んだ以上の知識はありませんけど(汗) 私が興味があるのは、自動運転よりも、どういう仕組みで車を案内するかという点です(羽田イノベーションシティの場合は、磁気マーカを道路に埋め込んでいるようですね。そういう技術に興味があります)。
それにしても、自動運転技術の進歩はスゴい勢いですよね。このぶんで行くと、私が生きている間に、バスやタクシーや運送トラックだけではなく、自家用車もレベル5に到達しそうな勢いです。そうなった時、世の中は、どうなっているのでしょうね。
あるコラムでは、スピード違反などの交通違反が激減するので、反則金がゼロになるかもというものがありました。その金額、なんと年間500億円だとか。オソルベシ。まぁ、それは影響のひとつかもしれませんが。きっと生活様式が変わるほどの大きな革新になるのでしょうね。そういうことを想像するのも楽しいですね。


こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

五井のパン屋「メルシー」

出張で何度か五井駅のお隣の八幡宿へは行ったことがあり、それほど遠くないようなイメージをもっていたのですが、館山へ行った帰りに、ちょっと寄ってみようと思って下道で行ってみたら、けっこうな距離がありました。目的は、八幡宿にあるおにぎり屋さんだったのですが、着いたのが12時半頃で、残念ながら全て売り切れでした・・・。
せっかく、ここまで来たのだからということで、近くのパン屋さんを検索し、五井(と言っても駅からかなり離れていますが)のパン屋さんに寄ることにしました。
海岸線沿いは工場や火力発電所が立ち並び、朝・夕は、そこで働く人達の車で渋滞するのをよく見ていたので、基本的に遠くから通勤している人ばかりで、この近隣には店はあまりないんだろうなぁと思っていたので、パン屋さんがあるというのも、なんとなく不思議な感覚だったのですが、それは私の勝手な思い込みで、パン屋さんもいたって普通のお店でした。
パンの種類は、オーソドックスなものが多いですが、驚いたのは、その値段です。
「安い!」
わりとボリュームがあるパンが多く、このパンだったら、このぐらいの値段かな?という価格よりも50円ぐらい安いような印象です。
買ったのは、カニクリームコロッケパン(180円)、ボロニアハムとチーズのちょっとスパイシーなフランスパン(220円)、ウインナーと粒マスタード(はちみつ入)のプチフランスパン(120円)、塩バターフランスパン(180円)、チョコドーナッツ(160円)です(内税)。

 

 

 

パンは「温度が低いのかなぁ?」と思わせるような、ちょっと色白のものが多いですね。どれもインパクトはありませんが、それだけに普段食べるにはちょうど良さそうな味だなぁと思いました。価格といい、きっと、ご近所に人気のパン屋さんなんだろうなぁ。

 

以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・ブログ「あれこれと パン屋さん」⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

戸塚のおにぎり屋「姫むすび」

普段使っている腕時計の電池(というかコンデンサ)を交換したくて、10年ほど前に交換してくれた時計屋さんへ行くために戸塚へ行きました。「このタイプの時計は、結局、メーカに送ることになるので、手数料のことを考えたら、メーカで直接交換したほうがいいですよ」と、親切にアドバイスとメーカサイトを教えていただき、結局、交換できないまま持ち帰ることになりました。
「せっかく戸塚まで来たのになぁ」
と、肩を落として帰る途中、「おむすび」の文字を発見!
「これは、運命の出会いかも」
と、お店の中に入りました。
場所は、JR戸塚駅の地下改札のすぐそばです。あとで調べてみたら、オープンしてからまだ1ヵ月も経っていないようです。時計を修理に出すのをモタモタしていなかったら、まだお店はオープンしていなかったということになります。やはり運命の出会い!(笑)
買ったのは、いつもと同じく、鮭とツナです(それぞれ230円と180円)。


おにぎりは、全てビニールで包装されていて、買ったとき、その包装の内側は水蒸気で濡れていました。家に帰っても、水滴はついたままになっていました。そこは改善の余地があるのかもしれませんね。ただ、思ったほどベチャベチャした感じはしませんでしたし、具も多めで美味しかったです。
それにしても、おにぎり専門店が気になり始めたのは、つい最近なのですが、注目して見ると、いろんなところにあるものですねぇ。

 

 

 


こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

大黒摩季さんの「SPARKLE」を買いました

以前、一緒に写真を撮っていただき、それを十代の姪に自慢しようと思って見せたところ、「誰?」という反応にビックリしてしまいました。最近はバラエティなどで大活躍なので、今なら自慢できるかも(笑)
テレビに出演したり、ライブで全国を回ったり、大忙しですが、そんな中、昨年12月に、「BACK BEATs #30th Anniversary ~SPARKLE~」というアルバムを出しました。通常版でも6,600円、限定版は15,000円という値段だけあって、豪華ではありますが、さすがに、この値段になると、ファンじゃないと買わないだろうなぁということは、きっと売る側も思っているんじゃないかと思います。ということで、きっと昔からのファン向けのアルバムなんだと勝手に思っています。そういうこともあってか、このアルバムを売っていないCDショップもあり、3店目の横浜のタワレコで、ようやく買うことができました。
私が買ったのは通常版です。3枚のCDと1枚のDVDが入っています。1枚目のCDは新曲が中心。2枚目のCDは、何人かの人が摩季さんの楽曲をリミックスした作品集。3枚目は過去にヒットした曲をリマスタリングしたものです。
個人的には、2枚目のリミックス集が新鮮で良かったです。「お~、この曲を選曲するとは、DJ KOOも、なかなかやるな!」とか楽しませていただきました。でも、やはりコアなファン向けでしょうかね。


こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

日能研の問題

またまたネタ不足に陥ってしまったので(笑)

クイズ的な問題で、面白いですね。栄光学園、やるなぁ!
「たぶん、こういう解き方なんだろうなぁ」
と、頭に思い浮かび、それが合っているか確認したいのですが、電車の中でペンを取り出すのも恥ずかしく、頭の中で一生懸命に計算してみるのですが、結局、途中でわからなくなってしまうという・・・。


こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!
日能研のHP⇒こちら

中田のおにぎり屋「のんのん」

先日、長後街道(横浜市営地下鉄ブルーライン沿いを走っている道路)を運転していたところ、中田駅前で「おにぎり」の文字を発見!
「これは、寄らなければ!」
ということで、お店に寄ってみることにしました。
お店の前に、営業時間が5時からと書いてあり、この時は昼過ぎだったので、もしかしたら売り切れかもしれないなぁと思いながら、お店に入ると、案の定、ガラスケースの中は、のり巻きを残し、空っぽ状態でした。
「やっぱり・・・」
と、ガックリしながらも、一応
「おにぎりは、売り切れですか?」
と、ご主人らしき方に聞いてみたところ
「作りますよ」
とのこと。
「良かったぁ」と胸をなでおろし、さて何を注文しようかと、メニューをキョロキョロと探しましたが、どこにもありません。
「何にしますか?」
「え~っと、メニューは?」
「たいていのものは作りますよ。鮭とか梅とかおかかとか昆布とかタラコとか」
「ツナはありますか?」
「ありますよ」
「では、ツナ1個と鮭2個とタラコ1個をお願いします」
それから、しばらく待って、握りたてのおにぎりと、サービスのゆで卵を2個、袋に入れていただきました。値段は、どれがいくらかわかりませんが、4個で600円だったので、たぶん、どれも150円だったのでしょう。

コンビニのおにぎりのように、海苔とお米は別々に包装してくれるので、食べる時にはパリッとした海苔を食べることができます。まだ温かいうちに食べることができたので、お米は美味しかったです。具は少なめでしょうか。塩加減は最近食べたおにぎりの中では強めかなぁと思いました。コンビニと同じような値段で、この味がいただけると思うと、お得感があります。

 

 


こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

関内駅前の木の伐採

先日、予告されていた関内駅前の木の伐採ですが、何日かに分けて切られて、とうとう、こんな状態になってしまいました。

 

 

さらに数日後には、切株も撤去され、アスファルトで埋められてしまいました。


この下にいるセミの幼虫は表に出て来られるのだろうか?ということが気になってしかたがない。


こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

いずみ中央のパン屋「ヴィクトワール」

近くまで行く用事があったので久しぶりに寄ってみました。
こちらのお店は、大阪に数店舗あるほかは、横浜に1店舗のみあります。以前は、横浜駅近くのベイクォーターにあり、その頃は、よく通っていたのですが、いずみ中央に引っ越してからは、なかなか行くことがなくなってしまいました。どのぐらいぶりだろう?と思って自分のブログを見たら、6年前に行って以来ということがわかり(こちら)、またまた時の流れのはやさに愕然としてしまったのでした(笑)
あまりに久しぶりで、当時、どんなパンを買っていたかも、すっかり忘れてしまい、初めて訪れたパン屋さんと同じような気持ちでパンを選びました。
買ったのは、とろけるブリオッシュ(180円)、カマンベールフランス(150円)、塩パン(160円)、カリードッグ(240円)、ミートエッグ(210円)、チーズフランス(420円)です(内税)。

 

 

 

 

 

食べてみても、以前の味を思い出せませんでしたが・・・。ただ、市内のパン屋さんの中では価格は抑えているほうだと思いますし、味も、よくエキナカなどに入っているお店に比べると美味しいと思います。普段、利用するには良いパン屋さんだなぁという結論は変わりませんでした。

 

お店のHPはこちら


以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・ブログ「あれこれと パン屋さん」⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

阪東橋のおにぎり屋「伊藤米店」

おにぎり屋さんと書きましたが、実は、お米屋さんで、その一角でおにぎりを売っているお店です。そして、阪東橋と書きましたが、駅からはけっこう離れています。
以前、ちょっと変わった自動販売機があり、そのことをブログに書いたのですが(こちら)、その後、孤独のグルメを見ていたら、こちらのお店に、五郎さんが来ていたので驚きました(おにぎりを買おうと思ったら売り切れていた)。何に驚いたって、このお米屋さんがある場所は、その近くに住んでいる人以外は、なかなか通ることがない場所にあるので、番組のスタッフは、よく、ここを見つけたなぁと。
五郎さんが食べられなかったおにぎりを食べたいと思うじゃないですか。そう思うのは自分だけじゃないだろうなぁと思ったので、ほとぼりが冷めるまでちょっと待とうと思っているうちに、1年半ほど経ちました(笑)
ネットを見ると、やはり放送後、しばらくは行列ができていたようですが、私が行った時は、以前行った時と同じように、ひっそりとしていました。


おにぎりは、塩むすび(120円)と旬のおむすび(160円)の2種類のみ。この日の旬のおむすびは、大根菜でした。

塩むすびは、コンビニでもたまに買うことがあるのですが、正直、それとの違いがよくわかりませんでした。コンビニは、たぶん冷めても美味しいおにぎりを売っていると思うのですが、それと比べると、ややお米が硬く、むしろコンビニのほうが美味しいかもしれないなぁと。たぶん握りたてであれば、こちらのおにぎりのほうが美味しいのでしょうけどね。


こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

セブンイレブンの北海道フェア

セブンイレブンでおにぎりを買おうと思い、棚を見ていたら「いかめしおにぎり」とか「かにめしおにぎり」という見慣れない商品があり、そこで北海道フェア中だということに気が付きました。ということは、以前食べたスープカレーこちら)もあるかのかなと棚を見たら置いてあったので、またまた買ってしまいました。ついでにスープカレー味の柿の種も。

半年前に買ったときは、788円でしたが、今回は810円ということで、若干値上がりしていました。お店で食べるよりは安いと思いますが、コンビニの弁当としては高いですよね。でも、味は本格的で美味しいです。まだスープカレーを食べたことがない方は、「スープカレーって、こういう味なんだぁ」と知るために食べてみるのもありかもしれませんね。もしかしたら、そこからスープカレー沼にハマるかもしれませんよ(笑)


こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

春節

横浜中華街は春節ということで、いつも以上に賑わっているような気がします。思えば、3年前の春節に、東園で新年会をしているところに、獅子舞がやって来て、頭をガブリとやって貰い、「これで、今年は良いことがあるぞ」と言っていたら、コロナ禍でたいへんな世の中になってしまったんだったなぁ。
今年は、中華街に外国人の姿が目立つようになり、まだコロナは収束しないものの、少しずつ元の世の中に戻ってきているんだなぁということを実感します。来年の春節はマスク無しで迎えることができる世の中になっているといいですね。

 

 


こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!