あれこれと

北海道に関するホームページを作ったけど、いまいち訪問者が増えないので、ブログを立ち上げて、こちらを経由してホームページを訪問してくれる人が増えるといいなぁと。なので、こちらではテーマもなく、北海道とも無関係なことも書いていきます。こちらのブログを見た方は、リンク先のホームページ「いつでも北海道に行きたい!」も見てみて下さいね!

スプリングフェア

今年(2021年)は4月9日から5月5日までの開催です。

f:id:okka4:20210411164532j:plain

こちらは山下公園

 

f:id:okka4:20210411164542j:plain

こちらは横浜公園

チューリップは今が満開で、枯れている花も目立ち始めました。山下公園は、これからバラが咲きますが、横浜公園はチューリップが終わると、花は終わりといった感じです。ということで、横浜公園の写真を撮っておきました(スマホですけど)。

f:id:okka4:20210411164555j:plain

 

f:id:okka4:20210411164606j:plain

 

f:id:okka4:20210411164615j:plain

 

f:id:okka4:20210411164623j:plain


こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

横浜中華街の「龍鳳酒家」に行って来ました

デーゲームがある日は、野球を観る前に中華街で食事をして行く方も多く、この日もユニフォームを着ている人が何組か並んでいました。ということと関係があるかわかりませんが、この日も少し早めにお店を開けて下さいました。
海老チリ、自家製干し肉と野菜の炒め、海鮮炒飯を注文しました(それぞれ1980円、1320円、1100円です)。

f:id:okka4:20210411164055j:plain

 

f:id:okka4:20210411164104j:plain

 

f:id:okka4:20210411164112j:plain


海老チリ、美味い!タレに混ざっていたネギまで残さず食べ切りました。空心菜は、やわらかくて食べ易いですし、何より体に良さそうでいいですね。海鮮炒飯は久しぶりに食べましたが、「あれ?こんなにエビとホタテがいっぱい入ってたっけ?」という豪華さ。薄味で飽きのこない味です。一見さんには物足りないかもしれませんが、常連さんに好まれるのは、こういう味付けなんでしょうね。

f:id:okka4:20210411164129j:plain


今回も杏仁豆腐をいただいてしまいました。隣のテーブルの方が注文して食べていたので、余計に申し訳ない気持ちになりました。
この日も中華街にははとバスが来ていました。このまま順調にお客さんが増えるのは嬉しいけど、感染者が増えているので、どうなっちゃうんだろう・・・。
がんばれ中華街!

f:id:okka4:20210411164143j:plain

 

f:id:okka4:20210411164154j:plain


お店のtwitterこちら
お店のFBはこちら


HPに中華街ランキングのページを作りました⇒こちら
これまでに行った中華街のお店の検索ページも作りました⇒こちら

横浜中華街の「東園」に行って来ました

この日は
「今日は寒いわねぇ」
という挨拶から。
その前の週までは、春というには、ちょっと暖か過ぎるんじゃないですか!という厚い日が続いたので、実は、平年並みの気温でも寒く感じてしまいます。
ということで、いつもは水が出てくるのですが、この日は、温かいウーロン茶を持って来て下さいました。本当に、いつも細やかな心遣いに感謝感謝です。
この日は、海の幸入りあんかけヤキソバ、小海老の塩味炒め、特性つけワンタンを注文しました(それぞれ、1650円、2200円、880円)。

f:id:okka4:20210410211936j:plain

 

f:id:okka4:20210410211944j:plain

 

f:id:okka4:20210410211954j:plain

ヤキソバも小海老の炒めも、塩味で、ちょっとカブってしまいましたが、薄味が食べたかったので、ちょうど良かったです。

この日は、全て食べ終わり、「おっ、このまま帰ることになるのか」と思ったのですが、帰る準備をする前に、サっと杏仁豆腐を持って来て下さいました。

f:id:okka4:20210410212012j:plain


「いつもスミマセン」
「とんでもないです」
いつも律儀に杏仁豆腐をサービスで下さり、注文した料理に杏仁豆腐が付いている時には、ゴマ団子であったり、何かしらサービスして下さり、本当にありがたいなぁと思って、美味しくいただくことしかできないのが申し訳ないのですが・・・。
中華街は、実は、コロナ禍の前に戻っているんじゃないかというほどのお客さんの数でした。夜はどうだかわかりませんが。お店にとっては夜のお客さんがどれだけ戻るかということが重要なのでしょうけどね。
がんばれ中華街

f:id:okka4:20210410212025j:plain

 

お店のHPはこちら
お店のYoutubeこちら

 

HPに中華街ランキングのページを作りました⇒こちら
これまでに行った中華街のお店の検索ページも作りました⇒こちら

ディスカバー・クイーン

f:id:okka4:20210409054134j:plain


1年にわたって放送されたラジオ番組「ディスカバー・ビートルズ」が終わってしまい、週末を楽しみにしながらラジオを聴く習慣も終わってしまったなぁと寂しく思っていました。が、友人から、「次は、ディスカバー・クイーンだよ」という報せが(Hさん、ありがとう!)。


「おぉ、まるで私を意識したかのような企画!」


個人的には、なかなか全てのアルバムを聴いているバンドは多くはありません。逆に、そういうバンドは、それだけ好きだということになると思いますが、それがビートルズだったり、クイーンだったりします。
案内役は、サンプラザ中野さんということで、楽しそうですよね。まだ、第一回放送を聴いていないのですが、日曜日までは聴き逃し配信をしているので、これから聴くぞ!

 

こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

ディスカバー・クイーンのHPはこちら

元町中華街の洋菓子屋「レザンジュベイ」

先日、パン屋さんとして紹介したこちらのお店(こちら)。「パンは食べたことがないけど〇〇は美味しかった」というお話をいくつか聞いたので、「それならば!」と、洋菓子を買いにあらためて行って来ました。
買ったのは、苺のクッキーシュー(400円)、和風モンブラン(800円)、ブレッツェル(350円)です(外税)。

f:id:okka4:20210402061931j:plain

 

f:id:okka4:20210402061939j:plain

 

f:id:okka4:20210402061949j:plain


苺のクッキーシューは、旬の季節であり、SNS映えするイチゴとピンクのクリームがかわいらしいのですが、家に持って帰るまでに、だいぶ形が崩れてしまったのは残念・・・。和風モンブランは、「なんで和風なんだろう?」と思って調べてみたら、国産の栗を使っているそうです。実は、このブログは、モンブランを食べてからしばらく経ってから書いているので、どんな味だったかすっかり忘れてしまいました・・・。ということで、お店のHPから引用させていただきますと、「選りすぐりの国産栗を蒸して丁寧に裏ごし」「温かみのある栗のイメージを損なうことなく芳醇な香りにしてくれる「ディロン」というラム酒を使用」「タルトベースは、アーモンドを使ったクッキー生地に小麦粉を使わないクレームダマンド(アーモンドクリーム)を流し焼き上げ」とのこと。なるほど、そうだったんだぁ(何がなるほどかよくわかりませんが)。とにかく、もっと味わって食べればよかった・・・。プレッツェルは、美味しいと聞いて買ってみたのですが、もしかしたら、これのことではなかったのかも(美味しくなかったという意味ではないのですが、なんか買ったものが普通のプレッツェルとは違ったので)。サクッとしたソフトな食感と、表面にまぶした粉砂糖に上品さを感じました。


こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

元町中華街のパン屋「オートウー」

最近、オートウーの登場率が高いですね(笑)
パン旅で紹介される際、「放送された後、きっと行列ができるお店になりますよ」というお話をした手前、もし、そうならなかったら、なんだか申し訳ないなぁという気がして、「お客さん来てるかなぁ」と、気になって、土日は1日に数回様子を見に行ってしまいます(笑)
最近、週末に雨が降ることが多く、一度、雨の日に行ったら行列ができていなかったので、お店の中まで入って行くと、「今日はヒマです・・・」と、おっしゃっていました。ただ、天気がいい日は、お客さんがいっぱい来てくれて、たいへんだったということもおっしゃっていて、「やっぱりパン旅の影響はスゴイですね」とのこと。自分の発言が無責任なものにならなくて良かったと胸をなでおろしたのでした。しかし、翌週の週末、また雨が降りました。ということで、「これはいかん!」と、12時過ぎにお店に行きました。
挨拶をすると
「いらっしゃる日は雨ですね」
と、スルドイ指摘をされました(笑)
「雨の日ならすいてるかなぁと思って」
しかし、並んでいるパンは少なく、ほとんど売り切れ状態でした。この日は元町でチャーミングセール中だったということもあるのでしょうけど、それにしても、12時過ぎにほぼ売り切れとはスゴイです。
他のお客さんとの会話で知ったのですが、バイトを募集していたそうです。そのことを聞いてみると、「お客さんがすごくて」とのこと。テレビの影響、オソルベシ。
いつも買う食パンも残念ながら売り切れだったので、残っているパンの中から、クロワッサン(200円)、さばトマト(260円)、黒まめとヘーゼルナッツ(250円)を買いました(内税)。

f:id:okka4:20210404165351j:plain

 

f:id:okka4:20210404165404j:plain

 

f:id:okka4:20210404165413j:plain

意外にもクロワッサンは初めて食べたかもしれません。バターの風味がよく、サクサク食感も心地よく、やはり美味しいです。
このまま行列のできる店になると嬉しいけど、なかなか食べられなくなるのは辛いなぁ。

 


お店のFBはこちら
お店のインスタはこちら


以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・ブログ「あれこれと パン屋さん」⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

いろいろありましたが女神橋が開通

みなとみらいのインターコンチとカップヌードルミュージアム付近を結ぶ女神橋。一度、上架したのですが、高さが足りずに通過できない船が続出し、「どうしてくれるんだ!」ということになり、嵩上げすることになったことで横浜市民には有名です(たぶん)。数ヵ月前から、橋の一部は通行できたのですが、3月30日に全面開通されました。個人的には、ここは、土日のジョギングコースになっているので、ジョギングがてら通ってみました。

f:id:okka4:20210404164839j:plain

臨港パーク側から見た女神橋(三角屋根みたいな形)。背後の大きな建物がインターコンチ

 

f:id:okka4:20210404164853j:plain

右側が橋の入口。左にハンマーヘッドが見えます

 

f:id:okka4:20210404164908j:plain

意外と勾配がありますね。嵩上げしたからか?とか勘ぐってしまいます

 

f:id:okka4:20210404164919j:plain

なんか不自然な段差が。嵩上げしたからか?とか勘ぐってしまいます

 

f:id:okka4:20210404164933j:plain

橋の上から桜木町駅方面を見た写真。広角のカメラで夜に撮ると、リフレクションもキレイに写りそうですね。今度撮ってみよう!

 

f:id:okka4:20210404164957j:plain

反対側。もう少し左側から撮れば、ベイブリッジもうまく写ったかもしれません

 

f:id:okka4:20210404165011j:plain

カップヌードルミュージアム側の橋の端


こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

花が一斉に咲き過ぎなような・・・

一週間前にジョギングしながら桜の写真を撮りました。

f:id:okka4:20210404164518j:plain

ブログに上げるタイミングを誤り、一週間後にすっかり葉桜になってしまいました・・・。
そして、赤レンガ倉庫では、床面に、ブワッと花が敷き詰められています。まだ陽が昇り切っていない時間帯なので、ちょっと薄暗いですが、人が少ないのが、この時間帯の良いところ。

f:id:okka4:20210404164534j:plain

 

f:id:okka4:20210404164542j:plain

 

f:id:okka4:20210404164550j:plain

 

f:id:okka4:20210404164559j:plain

 

f:id:okka4:20210404164607j:plain


一週間後、同じく赤レンガ倉庫にて。

f:id:okka4:20210404164619j:plain

色鮮やかですね。


チューリップとネモフィラはちょうど満開。そしてフレンチラベンダーも咲き始めました。

f:id:okka4:20210404164634j:plain

なんと、ハゴロモジャスミンまで!

f:id:okka4:20210404164645j:plain


車を運転していたので写真には撮っていませんが、満開の藤の花も見ました。ちょっと例年より早すぎますよね。もっと長く楽しませていただきたいんですけど!

f:id:okka4:20210404164700j:plain

 

こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

横浜中華街の「龍鳳酒家」に行って来ました

2時間ほど散歩をしながら中華街に着いたのですが、まだ開店時間まで30分ほどあったので、お土産屋さんで10分ほど時間をつぶして、龍鳳酒家の店の前に並びました。すると
「どうぞ~」
と、店の中から声がかかりました。既に先客もいて、注文も済ませているご様子。この日は、いつもよりずいぶん早くからオープンしていたようです。
自家製干し肉と野菜の炒めに使う野菜は、それまでの白菜から空心菜になりましたとのことで、それを注文しました。ほかには、海老の玉子炒めと土鍋を注文しました。メニューは総額表示になっていました(ということで、それぞれ、これまでと値段は変わっていませんが、税込み表示ということで、それぞれ1320円、1430円、1650円です)。

f:id:okka4:20210404161434j:plain

 

f:id:okka4:20210404161444j:plain

 

f:id:okka4:20210404161453j:plain


この日は、予約のお客さんでいっぱいになり、しかも2階は団体客だったため、お姉さんは、大忙しで、私のところに間違ってお酒を持ってきたり、てんやわんやといった感じでした。
会計のときに
「あ~、杏仁豆腐を出していませんでしたね!消費税分、値引きします」
「いえいえ、大丈夫です」
「いえいえ、そういうわけにはいきません」
という、久しぶりの、「いえいえ」のやり取りがありましたが、いつもサービスでいただいているもので、値引きをしていただくわけにはいかないので、消費税分も受け取っていただきました。勝った!(笑)
この日はハマスタでデーゲームがあり、ユニフォームを着た人をいっぱい見かけました。中華街はまるでコロナ禍の前のような賑わいでした。
がんばれ中華街!

f:id:okka4:20210404161507j:plain


お店のtwitterこちら
お店のFBはこちら


HPに中華街ランキングのページを作りました⇒こちら
これまでに行った中華街のお店の検索ページも作りました⇒こちら

横浜中華街の「東園」に行って来ました

この日は久しぶりに一番乗りでした。
珍しく、お店の方との会話もなく、黙々と食事をしてきました。
この日は、牛肉と玉ネギの細切り炒め、麻婆豆腐、エビチャーハン「を注文しました(それぞれ、2200円、1320円、990円)。

f:id:okka4:20210403215451j:plain

 

f:id:okka4:20210403215500j:plain

 

f:id:okka4:20210403215509j:plain

牛肉と玉ネギの細切り炒めは初めて食べましたが、これもいけますね。味が濃いので、玉ネギの味はそれほど感じませんが、シャキッとした食感がよく、チンジャオロースとはまた違った美味しさがありました

今回も、ウーロン茶をいただきましたが、やや酸味のあるお茶は口の中がサッパリして、中華料理にはピッタリ合うんだなぁということが最近になってわかってきました。それまでお冷やが最も合うと思っていたのですが(笑)

f:id:okka4:20210403215518j:plain

そして、杏仁豆腐もいただいてしまいました。東園のHPでメニューを見ていたら、杏仁豆腐の写真が載っていたのですが、このトロトロした杏仁豆腐ではなく、一般的な四角いやつでした。友人も、トロトロした杏仁豆腐を食べたと言っていたので裏メニューではないと思うんだけど。
中華街は、また人が増えてきましたね。野球も開幕したし、また人が増えるんだろうなぁ。嬉しいことではあるけど、ちょっと心配でもありますね。
がんばれ中華街

f:id:okka4:20210403215529j:plain

 

お店のHPはこちら
お店のYoutubeこちら

 

HPに中華街ランキングのページを作りました⇒こちら
これまでに行った中華街のお店の検索ページも作りました⇒こちら

横浜中華街の「金陵」に行って来ました

この日は用事があって、午後から仕事はお休みをいただきました。用事が思ったより早い時間に終わり、まだ昼食を食べていなかったので、中華街へ行きました。いつも東園と龍鳳酒家ばかり行っていますが、その2店は、また週末に行くでしょうから、他のお店へ行こうと思い、牡丹園を目指しました。こちらのお店も美味しくて、応援したいお店。ですが、中途半端な時間だったため、「準備中」の札が出ていました。残念・・・。さて、どこで食べようかと考えながら道を歩いていると、正面に金陵の文字が見えました。
「久しぶりに、ここで食べてみるか」
と、ちょうどお店の前にいた店員さんに、「お店で食事できますか?」と訊いてみると、「ハイ」とのことだったので、勝手に2階へ上がって行きました。
金陵へ行くのは、6年半ぶりで、その間に、お店は新築した建物に移転したのですが、造り自体は以前とほとんど変わっていないようで、2階で食事ができるというスタイルも変わっていないし、無口なお店の方々も変わっていませんでした(笑)
2階に上がると、タバコのにおいが漂ってきて、そこに、お母さんが一人座って、台帳か何かを熱心に見ていました。
特に案内もないので、窓際にドーンと置かれた、唯一の9人がけの大きなテーブル席に勝手に座り、勝手にメニューを見て、注文しました。以前も、2種盛り丼を食べた記憶があったので、今回も、それを注文しました。2種盛り丼はメニューの中から好きなものをのっけてくれるのですが、チャーシューと皮付き焼豚を注文したところ、皮付き焼豚はないけど、焼きあひるはありますよとのことだったので、それを注文しました(1250円)。

f:id:okka4:20210402213710j:plain

やはりチャーシューも焼きあひるも美味しかったです。ただ、ご飯がベチャベチャだったのが残念。ベチャベチャというか、半分、おかゆ化していると言っても過言ではないほど(いや、それはやはり過言かもしれませんが)。こちらのお店はお土産に買って帰るのが正解かもしれませんね。
お店の方の愛想が悪いのは相変わらずですが、別に、不機嫌というわけではなく、私のことをまるで空気とでも思っているかのようで、こちらも特に不愉快さは感じることもなく、ただ、「あぁ、こういう感じ、久しぶりだなぁ・・・」と、懐かしく思ったりしました。以前、中華街のいろんなお店を食べ歩いていた時は、そういうお店のほうが多かったので。最近は、とてもフレンドリーな龍鳳酒家と東園ばかりへ行っているので、こういう対応は新鮮でした。
6年半前に何を食べたんだっけなぁ?と、家に帰ってから自分のHPを見たら、全く同じものを食べていました(こちら)。自分の思考も嗜好も変わっていないようです(笑)

がんばれ中華街!

f:id:okka4:20210402213725j:plain

 

f:id:okka4:20210402213738j:plain


お店のHPはこちら


HPに中華街ランキングのページを作りました⇒こちら
これまでに行った中華街のお店の検索ページも作りました⇒こちら

井上靖さんの「風林火山」を読みました

f:id:okka4:20210401061451j:plain


日本史がからっきしダメな私ですが、さすがに、この本が武田信玄に関係している内容なんだろうなぁということはわかりました(笑) が、読んでみると、武田信玄ではなく、その右腕とも言うべき軍師「山本勘助」が主人公でした。しかも、読み終わってからネット検索していて知ったのですが、2007年の大河ドラマ風林火山」は、この小説が原作だったんですね。歴史に疎いので、大河ドラマもほとんど観たことがなく、GACKTさんが出演して話題になっていたのは知っていましたが、その程度のことしか知らなかったので、今回、新鮮な気持ちで読めたのは良かったかもしれません。
内容は、勘助が武田軍に雇われるようになり(その方法も、さすが策士といった感じで)、まるで武田信玄の心の声が聞こえるかのような策略を練っていくことで、信玄の信頼を得ていきます。そんな時に、信玄が由布姫を側室に迎え、勘助は、この姫に振り回されながらも惹かれていきます(ただ、恋愛感情というものはないのですが)。勘助は、信玄、由布姫、そして、その2人の息子である勝頼のために戦って行くことを生きがいとしていきます。
ということで、歴史小説ということになるのでしょうか、こういう小説は久しぶりに読みましたが、意外と面白いんだなぁということを知りました。

 

f:id:okka4:20210401061430j:plain

この小説を読んでいるときに、たまたま出張で甲府へ行ったので撮った写真です。武田信玄は今でも山梨県の誇りなんですね。

 

こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

石川町のパン屋「アサヒパン」

まだ知らないパン屋さんがあったとは・・・
最近、元町にパン屋さんが増え、メディアで取り上げられることも増えてきました。
「ホント、急にパン屋さん、増えたよなぁ」
と思いながら、元町のパン屋さんについて、ネットでボンヤリ見ていたとき
「んっ?アサヒパン?」
という行ったことのないパン屋さんの存在に気が付きました。調べてみると、ハナウタカフェというお店に併設されているとのこと。ということで、ハナウタカフェで検索すると食べログにも情報が載っているのですが、アサヒパンでは引っかからなかったようです。
早速、お店へ行ってみました。場所は、石川町駅の最も山手側の改札を出て右側に歩いて行き、よつばベーカリーを過ぎて、信号を渡ったあたりにあります。
お店の外側からパンが並んでいるのが見えて、お店の外と内からパンの種類と値段がわかるように工夫されています。店内はかなり狭く、その入口付近に並んだパンをお店の人に取って貰うスタイルです。
買ったのは、十勝あんバター(240円)、ヴィエノワショコラ(221円)、キュルキュマ・ソーセージ(340円)、栗とさつまいものパヴェ(290円)です(外税)。

f:id:okka4:20210401061806j:plain

 

f:id:okka4:20210401061814j:plain

 

f:id:okka4:20210401061821j:plain

 

f:id:okka4:20210401061828j:plain

どのパンも美味しかったです。パンの種類は多くはありませんが、かなりこだわりをもって作っているんだろうなぁということは感じます。十勝あんバターは、ちょっと粗めにつぶした粒あんと、バターの塩味のバランスがいいなぁと思いました。そして、パンはかなりハードで、表面の尖った部分が口の上側に刺さったほどです(笑)ただ、パンの内側は、表面から想像するほどには密度が疎ではなく、わりとシットリしていて、そのあたりもあんバターとの相性を考えているんだろうなぁと感じました。
小麦の味がたまらなく好きという根っからのパン好きには好まれそうですが、そういう人はそれほど多くはないでしょうから、もう少し万人受けしそうなパンがあると、いろんなお客さんが訪問しやすくなりそうに思いました。


お店のHPはこちら
お店のインスタはこちら


以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・ブログ「あれこれと パン屋さん」⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

弘明寺のパン屋「よもぱん」

だいぶご無沙汰してしまったなぁと気にはなっていたのですが、なかなか行けず、約2ヵ月ぶりの訪問となりました。
朝から雨が降っていたので、すいているかなぁと思って行ったら、お客さんが入れ代わり立ち代わり状態といった感じでした。実は、同じ日にオートウーにも行ったのですが、店主さんが、「今日はヒマです・・・。晴れている日は、お客さんがいっぱい来て、テレビの影響はすごいなぁと思ったんですけど」と、おっしゃっていました。よもぱんは、車で来るお客さんが多いけど、オートウーは歩いて来る人が多いという違いによるのかもしれませんね。
ということで、奥様は忙しそうにしていらっしゃったため、挨拶程度で、あまりお話ができなかったのですが、相変わらず、元気いっぱいのご様子でした。
しばらくご無沙汰している間に、新しいパンが増えていました。
買ったのは、いちごのデニッシュ(320円)、ハムカツ(310円)、プリンぱん(180円)、さくらあんぱん(230円)、コーヒーあんぱん(190円)、よもぱん(250円)です(内税)。

 f:id:okka4:20210331055133j:plain

 

f:id:okka4:20210331055149j:plain

 

f:id:okka4:20210331055200j:plain

 

f:id:okka4:20210331055208j:plain

 

f:id:okka4:20210331055218j:plain

 

そして、あんぱんをいただいてしまいました。

f:id:okka4:20210331055228j:plain


いちごのデニッシュはいろどりもキレイですが、食べても美味しかったです。いちごの酸味と優しい甘みに、練乳の甘み、バターの香りが混然一体となって、至福!プリンぱんも初めて食べましたが、カスタードとカラメルが層になっていて、まさにプリンがパンの中に入っているようで美味しかったです。やはり、こちらのパンは美味しいなぁと再認識しました。


お店のtwitterこちら
お店のHPはこちら

 

以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・ブログ「あれこれと パン屋さん」⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

石川町のカレー屋「日乃屋カレー」

以前、たまたま、石川町の駅前を通ったときに
「おっ!いつの間に、こんなところにカレー屋ができたんだ?」
と気付き、それ以来、ずーーーっと気になっていたのですが、すっかりルーティーンとなってしまった中華街での食事があるため、なかなか食べる機会がなくて(笑)
ようやく、その機会が訪れたので行ってみました。
食券を買って、お店に入ると、一人で訪れているサラリーマン風のオジサンが数名と、女子高生らしき3人組がいました。
「へぇ~、いまどきの女子高生って、こんなところで食事するんだ」
と、驚き、注文した名物カツカレー七分盛(760円)が来るまでの間、スマホを見ながら待っていると、店内に流れるクイーンの曲のことを、女子高生が何やら語り合っているのが聞こえてきて
「へぇ~、いまどきの女子高生も、クイーンを知っているんだ」
と、これまた驚いて、さらにちょっとの間待っていると、カレーがやってきました。

f:id:okka4:20210328194053j:plain

カツは、注文してから揚げていたようで、そのために、少々時間がかかったようですが、とは言っても、注文から数分の待ち時間でした。
わりとドロッとしているのは自分の好みです。味は、ちょっと甘いのですが、その後に辛さが追っかけてきます。以前、東京の丸の内でインデアンカレー(もともと大阪のカレー屋さんのようですが)を食べたことがあるのですが、それに似ているように感じました。カツは揚げたてで、カリッとした食感が美味しかったです。
正直、あまり期待していなかったのですが、想像していた以上に美味しかったです。さすが「神田カレーグランプリ優勝店」を文字通り看板に掲げているだけのことはあるなぁ。

f:id:okka4:20210328194108j:plain


こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!