あれこれと

北海道に関するホームページを作ったけど、いまいち訪問者が増えないので、ブログを立ち上げて、こちらを経由してホームページを訪問してくれる人が増えるといいなぁと。なので、こちらではテーマもなく、北海道とも無関係なことも書いていきます。こちらのブログを見た方は、リンク先のホームページ「いつでも北海道に行きたい!」も見てみて下さいね!

日能研の問題

f:id:okka4:20210123065353j:plain

日頃からジョギングしている人は、自分が1kmを何分で走るかを知っていて、いつもペースを気にしているので、歩く速度もだいたい把握しているのではないかと思います。ですので、わざわざ、ここに書いてあるような面倒な計算はせず、「1kmは10分ぐらいのペースだから、3kmなら30分ぐらいかなぁ」というように、掛け算だけで到着予定時間を見積もってしまうと思います。
私が高校生の時は、学校まで2kmちょっとの道のりをいつも自転車で通っていたのですが(自転車通学は禁止されていたので、学校の手前に停めて、そこから歩いていたのですが)、「家からの距離は正確にはどのぐらいなんだろう?」ということが気になり、いろいろ試してみました(Google Mapなんて無い時代のことなので)。歩数を数えて、「自分の歩幅はだいたい70cmだから」とか、「自分の歩く速度は〇km/hだから」とか、自転車をこぐ回数をカウントして、「自転車の車輪の直径が26インチだから」とか、電柱の数をカウントして、「電柱の間隔がだいたい30mとして」とか、あらゆる方法で計測してみました。その結果、どの方法でも、だいたい2.2kmとなり、「そうかそうか、どうやら2.2kmで間違いなさそうだ」と納得していました。まぁ、ヒマだったということなのですが(笑) ただ、今の時代であれば、アプリを使えば一発でわかってしまうようなことを、遊びの中で学んでいたことは、のちのち何かの役に立つことになったのかもしれませんね(わからないけど・・・。話が収束しなさそうなので、無理やりまとめましたw)。

 

こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!
日能研の解答例はこちら

横浜中華街の「金福粥記」に行って来ました

中華街から我が家へ帰る際、寄り道しなければ必ず通るのが、善隣門から玄武門(横浜スタジアムの前にある門)へ通じる道です。そこで、加賀警察署の向かいにある、このお店の前も通ることになるのですが、「なんだかゴチャゴチャ売ってるなぁ」と気にはなりつつ、たいていお腹いっぱいの状態なので、そのままスルーしてきました。が、この日は、肉まんを買いたいと思い、山下公園側の店から順番に見てきて、とうとう、この店まで買わずに行きついてしまいました。
いつも店番のおじさんかおばさんかがいて、この日は、おじさんでした。私が店の前に立っても、特に声をかけることはなく、お客さんとしては、ゆっくりと何を買うか考えることができそうです。私は肉まんを買おうと決めていたので、ワゴンに並んでいる3個包みの肉まんを手にとって、おじさんに渡しました。サイズは大きいし、けっこうズッシリしていて、値段は税込みで900円ですので、中華街では安いほうだと思います。それを、「ありがとうございます」と言って、ビニールに入れて手渡してくれました。家に帰って、早速、蒸かして食べました。

f:id:okka4:20210118061326j:plain

皮はフワフワしていて美味しいです。具もたっぷり入っています。わりと細かくミンチ状になっているので何が含まれているのかよくわかりませんが。味は濃い目で、この値段にしては美味しいと思います。

f:id:okka4:20210118061334j:plain

 

HPに中華街ランキングのページを作りました⇒こちら
これまでに行った中華街のお店の検索ページも作りました⇒こちら

元町中華街のパン屋「オートウー」

年末に食パンが買えなかったのが心残りで、年が明けてから食パンを求めて行って来ました。何度かブログに書きましたが、こちらの食パンは、とてもモッチリとしていて、生で食べても美味しいし、焼いてもモッチリとした食感が失われることはなく美味しいです。なかなかほかのパン屋さんでは味わうことができない特徴的なパンで、クセになる美味しさです。
お店へ行くと、今回は食パンが置いてありました。一安心(笑)
こちらのパン屋さんは、オリジナリティ溢れるパンが多いのですが、年末に食べた、あんがギッシリと入ったシュトーレンも特徴的で美味しかったので、そのことを伝えると
「光栄です」
と。
私は単なる一般のお客さんで、私の言葉を光栄と思われるほどの者ではないのですが、でも私が美味しいと思ったことは伝わったようで良かったです。
最近は、食パンやフランスパンなどを買うことが多かったのですが、今回は、久しぶりに菓子パンも買うことにしました。
買ったのは、いちごロール(250円)、シナモンロール(250円)、紅茶香るりんごとマカダミアンナッツ(260円)、黒まめとヘーゼルナッツ(250円)、あんぱん(250円)、ねぎぱん(200円)、ショクパン(400円)です(内税)。

f:id:okka4:20210118060837j:plain

 

f:id:okka4:20210118060845j:plain

 

f:id:okka4:20210118060854j:plain

 

f:id:okka4:20210118060901j:plain

いちごロールとシナモンロールは、何が嬉しいって、そのクリームの量です。写真にアイスクリームのようにのっかっている部分がありますが、この表面だけじゃなく、半球状の部分全てがクリームですからね。パンの体積に匹敵するほどのボリュームがあるクリームがのっかったパンなんて、なかなかお目にかかれないと思います。言うまでもありませんが美味しいです!紅茶香るりんごとマカダミアンナッツは初めて食べたと思いますが、リンゴの甘みと酸味、マカダミアンナッツの食感、そして紅茶の風味とがあいまって複雑な味を醸し出していますが、とてもバランスがよく、さすがオートウーのパンだなぁと思います。そして、あんぱんとショクパンは、私のお気に入り。安定の美味しさです。


お店のFBはこちら
お店のインスタはこちら

 

以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・ブログ「あれこれと パン屋さん」⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

宿川原の焼き芋屋「壺焼き芋屋 Kou 」

f:id:okka4:20210118060229j:plain


仕事の関係で調べものがしたくて、神奈川県立図書館まで行きました。前回は電車で行ったのですが、今回は、一応、感染リスクを考慮して車で行くことにしました。場所は溝の口の近くですが、調べてみると、第三京浜を使うと意外と近いんですね。
「こりゃ、いいや」
と、行く準備をしているうちに、ふと
「あれ?そう言えば、この近くに焼き芋屋さんがなかったっけ?」
と、先日、神奈川県の焼き芋屋さんを検索したときの記憶がふとよみがえりました。あらためて調べてみると、図書館から4kmちょっとのところにお店がありました。
「お~、こりゃ、いいや」
ということで、まず図書館へ行き、本を借りてから、焼き芋屋さんへ行きました。

f:id:okka4:20210118060551j:plain

 

f:id:okka4:20210118060600j:plain

こちらのお店も、洋光台のお店(こちら)と同じく壺焼き芋のようですが、壺の中を見たら、蒸し器をひっくり返したようなものの上にゴロゴロと芋が置かれていて、洋光台のお店とは、ちょっと焼き方が違うようでした。
「今、焼けてるのはシルクスイートだけです」
とのこと。
「あぁ、シルクスイートですかぁ」
と、シッタカブッて言ったのですが、実は、シルクスイートを知ったのは、つい先日のことだったりするのですが。
それにしても、シルクスイートはすっかり焼き芋界を代表する存在になっているんだなぁ。オジサン、焼き芋界から長いこと遠ざかっていたから知らなかったよ。スマンスマン!と、心の中で、シルクスイートに詫びるとともに、敬意を払い、2本購入することにしました(495円だったかな?)

f:id:okka4:20210118060431j:plain

1本は車の中で
「アッチィ~!」
と叫びながら食べてしまったので写真は1本のみですが(笑)
それにしても、この甘さは、やはり品種なんですかねぇ。それとも、焼く技術のせいなのでしょうか。その両方なのかなぁ。初めて安納芋を食べたときのあの感動はなんだったんだ!というほど美味しい焼き芋が巷に溢れているのは嬉しいことですが、この味が当たり前になってしまうことに、一抹の寂しさを覚えるのは私だけでしょうか。

 

こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

ルーニー ついに引退かぁ・・・

f:id:okka4:20210118055902j:plain


このブログでも何度か取り上げていますが、ルーニーのファンだったので、マンUからエバートンへ移籍したときも悲しかったけど、引退と聞くと、やはりそれ以上に悲しいです。
ルーニーは、体格は日本人とそれほど変わらないと思いますが、あたりが強く、スピードもあり、無尽蔵のスタミナも持ち合わせていて、さらに足もとの技術もしっかりしていて、得点感覚に優れているだけではなく、決定的なパスも出せるし、ピンチの時には自陣深くまで戻って守備をする、まさに万能選手でした。
そんな万能ぶりを象徴したようなナイキのCMが以前ありましたね(⇒こちら)。
イングランド代表の歴代最多ゴール数やマンUでの歴代最多ゴール数を記録しているルーニーですが、意外なことにプレミアリーグの得点王になったことがないんですよね。2010-11シーズンは、チームメイトのベルバトフが20ゴールという少ないゴール数で得点王に輝いていて、そこがチャンスだったんだけどなぁ。翌シーズン、ルーニーは自身最多の27ゴールを決めたのに、アーセナルファンペルシーがそれを上回る30ゴールで得点王に。その翌シーズンはファンペルシーがマンUに移籍し、ルーニーは、どちらかというとゲームメーカー的な役割を担っていて、ゴールはファンペルシーに任せていたようなところがあったので、12ゴールに留まりました(ちなみに、その年の得点王はファンペルシー)。オールラウンダーじゃなければ、きっと、もっとゴールを量産していたんだろうなぁというのは、誰もが思うところで、「器用貧乏」なんて呼ばれることも度々(笑) そう言えば香川選手がマンUに移籍したのもその年でしたね。香川選手が試合後のインタビューを受けている最中に、そこに割り込んできて、香川選手のことを「Genius!」と言っていた姿が印象的でした。その頃が、ルーニーのピークで、マンUも、そのシーズンを最後にプレミアリーグでの優勝から遠ざかっています。
ルーニーの凄さは試合を通して見ていないとなかなかわかりづらく、メッシやクリスチアーノロナウドのように、試合の中の一部を切り出して見て、「スゴイなぁ」という派手さはないので、玄人好みの選手だったんじゃないかと思います。そんなルーニーも、誰が見てもスゴイ!と思うゴールを決めています。以前にも紹介しましたが、このゴールはスゴイです!


オーバーヘッド⇒こちら
超ロングシュート⇒こちら

 

そして、こちらもNIKEのCMですが、このボールコントロールを見ると、やはりタダモノではなかったんだなぁということがよくわかります(こちら)。

しばらくは、ルーニーのような選手は現れないんだろうなぁ。

 

こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

横浜中華街の「龍鳳酒家」に行って来ました

「今日は、牡蠣が入ってますよ~。牡蠣丼、牡蠣そば、牡蠣炒め、どれでも」
とのことで、牡蠣炒め、それから寒かったので、コーンスープと五目炒飯を注文しました。

頼んでから、「牡蠣炒めってなんだっけ?食べたことあったっけ?」と思っていたのですが、こんな料理でした。

f:id:okka4:20210118054638j:plain

はじめて食べましたが、牡蠣がたっぷり。味は龍鳳酒家では珍しく濃い目ですが、しっかりと牡蠣の味も楽しめて美味しかったです。
コーンスープも初めてで、まずは、そのサイズにビックリしたのですが、美味しくて速攻で飲み干してしまいました(笑) この季節はスープがいいですね。次回は違うスープを飲んでみようかなぁ。

f:id:okka4:20210118054648j:plain

外で待っているお客さんもいたので、いつも食べている海鮮炒飯よりも早く出てくるかなぁと思って五目炒飯を注文しました。こちらは久しぶりでしたが、あっさり味で美味しかったです。

f:id:okka4:20210118054702j:plain

そして、また、杏仁豆腐をサービスでいただいてしまいました。

f:id:okka4:20210118054710j:plain

バタバタと忙しくされているのに、そういう気づかいを忘れないところに頭が下がりますし、申し訳ないなぁという気持ちになりますが、ありがたくいただきました。

中華街は、お客さんが少ないですが、こちらのお店は、外に並んでいるお客さんが数組いらっしゃいました。こういう時だからこそ食べやすいということはあるかもしれませんね。
東園はお客さんが来ているか気になって見に行こうかなぁとも思いましたが、こういう時期なので、おとなしく帰りました。
がんばれ中華街!

f:id:okka4:20210118054720j:plain

 

お店のtwitterこちら
お店のFBはこちら

 

HPに中華街ランキングのページを作りました⇒こちら
これまでに行った中華街のお店の検索ページも作りました⇒こちら

横浜中華街の「東園」に行って来ました

この日は
「ホントにたいへんねぇ~」
という会話から始まりました。
本当にいろんなことがたいへんな状況になっていますが、こういう時だからこそ中華街へ行かないといけないという勝手な使命感と、単に美味しいものが食べたいという欲望により、世の中が落ち着くまでは中華街通いが続きそうです。
話は変わりますが、先日、中華街のことをいろいろと調べているうちに、東園が、今年で50周年ということに気が付きました。もしかして、お店の方は、そのことに気づいていなかったりして と思って
「50周年なんですね」
と言うと
「そうなんですよ。でも、こんなことになってしまって。お店へ行けませんっていうお手紙をいただいたりするんですよ。」
とのこと。
「せっかくの50周年なのに、こんなことになっちゃって・・・」
「もう1年経っちゃいますねぇ」
「早く、元に戻るといいんですけどねぇ」
と、どうしても会話はコロナのことになってしまいます。
気を取り直して、ここで、天津丼、麻婆茄子、Bランチを注文しました。

f:id:okka4:20210116202940j:plain

 

f:id:okka4:20210116202951j:plain

 

f:id:okka4:20210116203000j:plain

※この日は、カメラを持って行くのを忘れてしまったのでスマホで撮りました

 

そして、食事が終わる頃に、またまた杏仁豆腐を、「いつも同じでスミマセンねぇ」とサービスしていただきました。
「いえいえ、とんでもないです。こちらこそ、いつも美味しい杏仁豆腐をいただいてしまってスミマセン・・・」

f:id:okka4:20210116203020j:plain

世の中が落ち着いたら、今ほど頻繁には中華街へ行かなくなると思いますが、久しぶりにお店へ行ったら、きっと、この杏仁豆腐を注文すると思います。この杏仁豆腐を食べるためだけでも、お店へ行く価値があるほど美味しいです。

f:id:okka4:20210116203028j:plain

たまには、お店の外観の写真を


さて、中華街はさすがに、明らかにお客さんの数が減りました。2/7までお店を閉めますという貼り紙をしているお店もちらほら目につきました。東園もそうですが、デリバリーをしているお店も多いですし、テイクアウトをしているお店も多いので、近くにお住まいの方は利用してみてはいかがでしょうか。私もリモートワークの日に利用してみようかなぁ。

f:id:okka4:20210116203039j:plain

 

お店のHPはこちら
お店のYoutubeこちら

 

HPに中華街ランキングのページを作りました⇒こちら
これまでに行った中華街のお店の検索ページも作りました⇒こちら

日能研の問題

f:id:okka4:20210116064800j:plain


個人的には、イマイチ、キャッシュレスにはセキュリティの点で信用しきれないところがあり、なかなか全てをキャッシュレスで済ませてしまおうというところまでは行ってませんが、それでもキャッシュレスの比率は増えてきました。やはり便利だし、ポイントがついたりするのが魅力ですよね。
キャッシュレスで特に変わったのが高速道路の料金所かなぁと思います。今の若い人は、料金所での渋滞を知らないのでしょうね。私も、ETCを使う前がどんな状況だったか忘れてしまうほど、料金所での渋滞は完全に過去のものになってしまいました。駅の自動改札も似たようなものかもしれませんね。以前は、ライブやスポーツ観戦へ行くと、「帰りの切符を予め買って下さ~い」と、声を張り上げる駅員さんがいたものですが、それも見なくなりました。それらは混雑緩和もさることながら、人員削減という目的が大きかったのかもしれませんが。
そう言えば、キャッシュレス化が進んでいるスウェーデンでは、ICチップを体に埋め込み、それを使って料金の支払いができたりするそうで、ちょっと前までは映画の世界の出来事だったようなことが現実に行われていることに驚きます。昭和のアナログ時代から生きている自分が子供の頃の日常を思い出すと、なにもかもがノンビリしていて、それはそれで良かったなぁという気もしますが。
子供の頃は、わりとお金を拾うことがありましたが、最近は、そういうこともなくなってきたような。キャッシュレス化のためかもしれませんし、私が住んでいる土地柄のせいかも・・・。

 

こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!
日能研の解答例はこちら

篠原美季さんの「横浜ゲートウォッチャー(新米天使のお祓い日誌)」を読みました

f:id:okka4:20210115054159j:plain


本の題名に「横浜」の文字があったので買ってみました。主人公は、横浜市の税関職員という変わった設定です。横浜市の税関ということで、有名な「クイーン」と呼ばれる建物が登場したり、象の鼻や山下ふ頭、山手のあたりから戸部付近も出てきたり、日頃の自分の行動範囲内の話である点で面白かったです。
サブタイトルを見ていなかったのですが、「お祓い」とあるとおり、オカルト系の話ではありますが、登場人物が、どこかとぼけた感じなので、ホラーっぽさはなく、初めから終わりまで軽い感じで読むことが出来ます。
あとがきを読むと、作家の篠原さんは、横浜在住とのことですが、横浜を舞台にした小説は初めてに近いそうです。また、参考文献も載せてあるのですが、なかなか税関に関する出版物というものがないので、HPなどを参考にされたそうです。誰でも目にすることができる情報を参考に小説を作ったことを考えると、やはり小説家ってスゴイなぁと思いますね。

 

こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

弘明寺のパン屋「よもぱん」

2021年に入って初めてよもぱんへ。まずは
「本年もよろしくお願い致します」
と、お互いに挨拶を交わしてからパンを見ると、買ったことのないパンがいくつかあったので、それらを買うことにしました。
買ったのは、生チョコデニッシュ(320円)、ショコラ(230円)、チーズフランス(680円)です(内税)。

f:id:okka4:20210114064158j:plain

 

f:id:okka4:20210114064206j:plain

 

f:id:okka4:20210114064215j:plain

はからずもチョコ系のパンを2つ買ってしまいましたが、それぞれに違いがあるので、同じタイミングで食べても美味しくいただけると思います。デニッシュ系のチョコパンといえば、ハートブレッドアンティークの天使のチョコリングが有名で、私も初めて食べたときには感動しました。チョコリングはパン生地にチョコが練り込んでありますが、こちらは、パン生地の中央にくぼみを作り、そこに生チョコを投入しています。そのため食べているうちに、チョコもまわりのツブツブ(なんという名前なのでしょう)もこぼれて、皿のうえは食べ散らかしたような状態になります(笑)生チョコはたっぷり入っているので、最後まで美味しく食べられるというのがいいですね。ショコラは、「クーベルチュールチョコと生チョコ、自家製ホワイトチョコベースのクリーム」が入っているそうです。クーベルチュールチョコを使っているからかわかりませんが、よりチョコの味が強いように感じました。チョコ好きの方は、食べてみて下さい!


お店のtwitterこちら
お店のHPはこちら

 

以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・ブログ「あれこれと パン屋さん」⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

フィッシング詐欺?

先日、ネットで調べものをしている時に、ヘンテコリンな画面が出てきました。

f:id:okka4:20210113065132j:plain

f:id:okka4:20210113065151j:plain

f:id:okka4:20210113065200j:plain

別に、あやしいサイトにアクセスしたつもりはないのですが・・・。
私は、いつもcookieを無効にしているのですが、もし有効にしていたら、ボカしている部分はアカウント名が表示されるのでしょうね。
「こんなウマイ話があるはずないだろう!」
と、思いつつも
「でも、万が一ということもあるし・・・」
という、あさましさがあり、一応、ネットで調べてみると、やはりフィッシング詐欺だそうです。
20年以上使っているメールアドレスには、もう開くのも嫌になるぐらい大量のスパムメールやらフィッシングメールやらが届くので、1ヵ月に1回ぐらいの頻度で受信し、そして大掃除しています。もはや、メールも使わなくなってきているので、毎月、プロバイダーに220円払っているのも無駄だなぁとは思うのですが、そのメールアドレスが無くなると、唯一の連絡手段が絶たれてしまう古い友人もいたりして解約できずにいるんですよねぇ。同じような方も多いのではないでしょうか。
しかし、今回のようにヘンテコリンな日本語で、いかにもアヤシイとは思いながらも、「でも、万が一・・・」という気持ちもあったことを考えると、もう少し信憑性がある内容だったら引っかかる可能性もあるということかもしれませんね。気をつけねば。

 

こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

日能研の問題

f:id:okka4:20210112054725j:plain


ありがちな話ですね(笑)それぞれの言い分も、一理ありますし。
お姉さんが言う「極端」というのは、あいまいな表現で、ちょっと悩みますが、選択問題なので、実際に何パターンかで計算してみて、選択肢の中にあてはまるものがあるかを確認してみれば答えがわかりますね。ちょっと気になったのが、お母さんの「10人だけの調査でみんながたくさんもらっていると言うのはおかしい」という指摘です。せっかく、お母さんも意見を言っているのに、それは無視されてしまっているのがかわいそう(笑) もしかしたら設問には続きがあるのかもしれませんけどね。お母さんが言うとおり、このデータには不自然さを感じますよね。普通、自然界の現象も含めて、ものごとの分布のしかたは、低い部分と高い部分に少々、平均的な部分にいっぱいというバラツキ方をします。こういう分布を正規分布ガウス分布)と言い、テストの成績なんかも、こういう分布を示し、それを前提として偏差値なんかを求めたりします。この例では、やたら500円の人が多く、それより多く貰っている人が少々という分布になっていて、500円より下の人がいないという点に不自然さがあり、お母さんが言うとおり、調査不足という気がするし、もしかしたら、おこづかいを上げて貰うために意図的に500円より下の人を報告しなかったのでは!なんてことも疑ってしまいます(笑) といった感じで、いろんなことを想像させる良い問題ですね。

 

こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!
日能研の解答例はこちら

横浜中華街の「龍鳳酒家」に行って来ました

こちらのお店は、入店前の体温チェックと手の消毒をきっちりしますし、そしてテーブルは事前に消毒してあるので、安心してお店で食事ができます。
お店に入ると
「たいへんなことになっちゃいましたねぇ」
「そうですねぇ」
という会話からスタート。ホントにどうなっちゃうんだろうなぁ・・・。
メニューを見ると、この日も牡蠣が無かったので、一応、「牡蠣はないんですか?」と訊いたところ、雪の影響で輸送できなくなっているそうです。コロナだけでもたいへんなのに・・・。
ということで、唐揚げ(1200円)、干し肉と野菜炒め(1200円)、海鮮炒飯(1000円)を注文しました。

f:id:okka4:20210110210528j:plain

 

f:id:okka4:20210110210541j:plain

 

f:id:okka4:20210110210551j:plain

 

干し肉は、前回食べたよりも、だいぶ噛み応えがありましたが、しっかり噛んでいると、肉の旨みがジワジワとしみだしてきて、アゴは疲れますが、かえって美味しくいただけるような気もしました。
全ての料理をいただいて、帰りの支度をはじめると、「ちょっと待って下さい!」と、慌てて杏仁豆腐を持ってきて下さいました。この日は1階のテーブルは全て埋まり、2階にもお客さんがいたので、いつも以上にバタバタと配膳で忙しそうだったのに、そうやって気遣いを忘れないところは素晴らしいなぁと、いつも感心します。そして、そんな忙しいなか申し訳ないなぁと思いながら、急いで杏仁豆腐をいただきました。
お会計のとき、「もう来年にはつぶれてるかもしれません・・・」と、縁起でもないことをおっしゃっていましたが、きっと、そんな弱音を吐きたくなる状況なんでしょうね。やはり夜のお客さんが減ることの影響はすさまじいのでしょう。でも、最後は、「頑張ります!」と、おっしゃっていました。
中華街は、やはりお客さんが減りました。これまでも、例年よりは少なかったのですが、それでも食べ歩きができるお店には行列ができていましたが、この日は、そういうお店にも行列ができていませんでした。緊急事態宣言が出ているので当然と言えば当然ではありますが。はやく収束していくのを願うしかありません。
がんばれ中華街!

f:id:okka4:20210110210603j:plain

 

お店のtwitterこちら
お店のFBはこちら

 

HPに中華街ランキングのページを作りました⇒こちら
これまでに行った中華街のお店の検索ページも作りました⇒こちら

横浜中華街の「東園」に行って来ました

冬のおすすめコースというのを予約していたのですが、その後、緊急事態宣言が出て、お店に行くかどうしようか悩みました。が、キャンセルすると、ご迷惑をおかけすることになるかもしれないし、ガッカリさせることになってしまうかもしれないなぁという気持ちもあり、お客さんが少ない早い時間帯に変更して、お店へ行くことにしました。
お店に入ると
「おっ!」
と、前回からの変化に気づきました。神奈川県が推奨する「マスク会食」のチラシ(こちら)がいたるところに貼ってありました。そのチラシを見ていると
「いろいろ、たいへんよね~」
と、おっしゃりながら
「何か、お飲みになりますか?」
と聞かれ
「いえ、特に大丈夫です」
と、遠慮したのですが
「温かいウーロン茶がいいわね」
と、ウーロン茶を持ってきて下さり、その後、食事が始まると、冷たいウーロン茶もいただいてしまいました。
コースは以下です。

f:id:okka4:20210109165734j:plain

蒸し鶏とチェーシューのピリ辛ゴマ和え

 

f:id:okka4:20210109165745j:plain

干し貝柱入りフカヒレスープ

 

f:id:okka4:20210109165754j:plain

エビのあっさりローズソルト炒め

 

f:id:okka4:20210109165804j:plain

f:id:okka4:20210109165814j:plain

細切り牛肉の甘辛炒めクレープ包み

 

f:id:okka4:20210109165831j:plain

白身魚の香り揚げ油淋ソース(この日の魚はアンコウでした)

 

f:id:okka4:20210109165843j:plain

特製つけワンタン

 

f:id:okka4:20210109165852j:plain

レタス入りチャーハン

 

f:id:okka4:20210109165902j:plain

やわから杏仁豆腐(たぶんサービスで増量していただいていると思います)

 

杏仁豆腐を除き、写真に写っているのは2人分です。
食事しているときには気が付かなかったのですが、後で、店外にある看板を見て、一品多かったことに気が付きました。それが、こちらです。

f:id:okka4:20210109165915j:plain

気付かぬうちにサービスされてしまっていました。お礼も言えなかった・・・。

食後は歩くのもしんどいぐらいにお腹がいっぱいになってしまいましたが、それにしても美味しかったなぁ。それぞれに味付けの変化が楽しめて、ちょっとお腹がふくれてきたところからは、わりとアッサリした味付けの料理を並べて最後は別腹のデザートと。味もメニューも料理の順番も完璧でした。

f:id:okka4:20210109165924j:plain

 

話は変わりますが、何気なくネットを見ていたら、先日、コメントでふわりさんが教えて下さったTVKの番組がネットにアップされていました。東園へ行ったことがない方は、こんなお店なんだということがわかると思いますよ⇒Youtube 

中華街は、明らかにお客さんが少なっていました。いつもは行列ができている愛群に、行列ができていなかったので、やっぱりなぁと思ったら

f:id:okka4:20210109165940j:plain

単に営業していないだけでした・・・。
休業しているお店もありました。

f:id:okka4:20210109165956j:plain

ただ、こういうお店は、どちらかというと例外で、ほとんどのお店は営業していましたし、龍鳳酒家の前を通ったら、少し行列ができていました。
困っているのは中華街のお店ばかりではありませんが。でも、これまで横浜の観光を長きにわたり支えてきた中華街には、この危機をなんとか乗り切って貰いたいと思うし、ホントに微力ですが少しでも力になれたらなぁと思います。がんばれ中華街!

f:id:okka4:20210109170011j:plain

 

お店のHPはこちら
お店のYoutubeこちら

 

HPに中華街ランキングのページを作りました⇒こちら
これまでに行った中華街のお店の検索ページも作りました⇒こちら

スティービーワンダーが新曲を発表していた!

先日、ポールマッカートニーが長年にわたり、新作を発表し続けているのに比べて、スティービーワンダーは2005年にアルバムを出したのを最後に音沙汰がないと書いたのですが、「そう言えば、確認はしていないけど。もしかして新作を出していたりしないよなぁ」と思って調べてみたら・・・。
ウソを書いてスミマセンでした!
なんと、2020年10月に、新曲を2曲発表していました。
アメリカでは、たまにライブとかしているのは、なんとなく知ってはいたのですが、まさか新曲を発表しているとは驚きました。しかも、「So What the Fuss Music」という新しいレーベルを立ち上げたとのこと。この「So What the Fuss」は、最新アルバム(と言っても2005年のアルバム)に収録されている曲で、2007年に来日した際には、ライブでも演奏していましたね。
そして、単に過去の焼き増しのような曲に留まらないところがサスガです(ファンとしては70年代の全盛時代のような曲も聴きたいけど)。きっちり、今の時代っぽい曲に仕上げています。
Can’t Put it in the Hands of FateYoutube
Where Is Our Love Song(Youtube
まだまだ声が出てるし、これを機にニューアルバムを出して貰いたいなぁ。

f:id:okka4:20210109065839j:plain

 

こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!