あれこれと

北海道に関するホームページを作ったけど、いまいち訪問者が増えないので、ブログを立ち上げて、こちらを経由してホームページを訪問してくれる人が増えるといいなぁと。なので、こちらではテーマもなく、北海道とも無関係なことも書いていきます。こちらのブログを見た方は、リンク先のホームページ「いつでも北海道に行きたい!」も見てみて下さいね!

横浜中華街の「聘珍樓」が閉店!?

ちょっと、このニュースにはビックリしました。聘珍樓と言えば、歴史ある中華街の中でも最も古くから営業していることで有名なお店(1884年創業)。古い絵葉書にも、しっかりと写っています。

こちらは大正時代の絵葉書だそうです


ということで、中華街を象徴するようなお店だと思っていたのですが、そのお店が閉店するとは・・・。しかも、「移転先を探している」ということも書いてありました。ということは、中華街で営業を続けて行くことに問題があったというようにも受け取れますよね。たしかに、あれだけの立派な建物で、従業員もいっぱいいるし、皆さん、よく教育されているなぁと感じたので、その人材育成だけでもかなりのお金がかかることは容易に想像ができますし、このコロナ禍であったり、材料費が上がったりということもあって苦しかったのかもしれないなぁと勝手な想像をしてしまいます。また中華街の客層が、かなり若くなり、食べ歩きだけして帰ってしまうお客さんが増えたので、このお店のようにチャージ料を取る昔ながらの格式高いお店というのは、どうしても敬遠されてしまうのかなぁとも思います。
聘珍樓は、中華街だけではなく、いろんなところに出店しているので、その味が消えてしまうわけではありませんが、やはり中華街で最も古いということに大きな価値があり、だからこそ、中華街でその料理を食べたいというお客さんも多かったはず。そんなことは、お店側も言われなくてもわかっているでしょうけど・・・。残念だなぁ・・・。

 

昨日行ってみると、お店の看板は既に外されていました。

 

お店のHPはこちら


HPに中華街ランキングのページを作りました⇒こちら
これまでに行った中華街のお店の検索ページも作りました⇒こちら

日本最古のコンクリート柱

以前、ブラタモリで函館が取り上げられた時に紹介されていました。仕事柄、コンクリート柱(コン柱)とは無縁でもないので一度見てみたいなぁと思っていました。
場所は赤レンガ倉庫群の近くにあります(Google Mapはこちら)。

 

 


「お~、これかぁ」


と、なんとなく感動してパシャパシャ写真を撮りまくっていたのですが、実は、その角を曲がった先にもう1本電柱があり、そちらが最古のもので、さきほど写真に撮っていたものは平成に入ってから復元されたものでした(笑)

 

あまり見ることがない角柱です。角を面取りしているのは野菜の煮崩れを防ぐのと同じような効果を狙ったものなのでしょうかね。

 

よく見ると、ボルトか何かの痕跡があります。何に使っていたのかなぁ。基礎部分は何メートルぐらいあるのだろう?気になりますネットで調べましたがもわかりませんでした。

 

足場用のボルトでしょうかね。さすがにクラックが入っています。ただ、平成に入ってから作ったものと比べると、古い方がヒビが少ないですね。まだまだ頑丈そうです。

 

こちらは平成に作られた電柱


今のコン柱は工場で作ったものを運んできて建てますが、こちらは現場打ち(その場で型枠を作りコンクリートを流し込んで作るもの)だそうです。重量は、今のコン柱が約1トンに対し、こちらは約4.5トンだそうです。
来年で100年を迎えるようですが、まだまだ現役で行けそうですね。

 


こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

函館のローカルコンビニ「ハセガワストア」

 

函館地区に13店舗構えるコンビニです。こちらの特徴は何と言っても店内で焼き鳥を焼いていること。

前回は、フェリーに乗る前に焼き鳥弁当を購入し、船内で食べたのですが、その美味しさに感動し、「もう一度食べたい!」と思っていました。
夜の7時頃に函館に入り、ホテルに着く前に弁当を買って帰ることにしました。ホテルに最も近いのは駅前店でしたが、観光客で混んでいそうだなぁと思ったので、次に近い高砂店へ行きました。
やきとり弁当(小)を注文すると
「40分ぐらいかかりますけど大丈夫ですか?」
とのこと。
「40分!」と、ビックリしましたが、せっかくここまで来たのだからと、待つことにしました。
店内でひたすら焼き上がりを待ちます。お客さんは、やはり地元の方が多いようでしたが、皆さん、「40分」と聞いても、「あっ、そう」ぐらいなリアクションで、諦めて帰る人はいませんでした。日頃から、そういう感じなのかもしれませんね。
ヒマだったので、店内をグルグルグルグルグルグルと何周もしていました(笑)

 

惣菜はセコマの商品がずらっと並んでいました。
きっちり40分後に、ようやく弁当が出来上がりました。そしてホテルで、まだ温かいうちに食べました。

こちらの、やきとり弁当は、やきとりと言いつつ、豚肉だったりするのですが美味しいです。ちょっとタレが多すぎる気はしましたが。

夜は真っ暗。ひっそりと営業しているような感じですね。

 

翌朝、ジョギングがてら撮った写真

 

こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

パイプライン?

以前、ここを通った時に、「これはいったいなんなんだろう?」というものを見かけました。それがこちら。

上の写真は今回撮影したものですが、あまり、こういうものを見たことがないですよね。
Google Mapにもちゃんと写っています(あたりまえですが)。

調べてみると、太平洋セメントのベルトコンベアだそうです。その長さは8km以上とのこと。


「8kmもある?」


と思って、Google Mapをよく見てみると、ベルトコンベアは海から陸に上がり、工場を通って、さらに山の方に続き、最終的に峩朗鉱山(がろうこうざん)までつながっていることがわかりました。

上の赤丸部分をベルトコンベアがつないでいるようです。
このうち、海部分は約2kmとのこと。鉱山で石灰石を採掘し、工場で加工したセメントや骨材を海上で待つタンカーに送ったり、逆にタンカー側から石炭などを運ぶために使われているそうです。ずっと前から気になっていたのですが、スッキリしました(笑)

 

こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

松前城の桜

松前は函館より南側に位置していて、札幌から行こうと思うと函館で力尽きてしまい、「あとちょっとなんだけど・・・」と思いながら、行くことを諦めてしまうような絶妙な距離感です。

私も学生時代に一度しか行ったことがなく、その時も桜の季節でした。今回も桜が満開だということを確認してから行くことに決めました。本当は函館で一泊し、翌朝行くつもりだったのですが、翌日は天気が悪くなるとのことだったので、札幌から松前まで移動することにしました。途中、土砂崩れのために迂回することになり(こちら)、松前に着いたのは、閉館20分前の16時40分。

 

「なんとか間に合った~」
と思ったのですが、なんと


ガガ~ン

 

後で調べたら、入館受付は16:30まで、閉館が17:00とのこと。ほんの少しだけ間に合わなかった・・・。
ただ、松前公園内は何時まででも回れるので、お城の周りを歩きながら写真を撮りました。

 

 

この桜は、「南殿」って書いてあったかな?こういう花びらがひとかたまりになった桜が多かったです。
城の中に入ることはできませんでしたが、明るいうちに到着して良かったです。

石垣は築城当時のものなんでしょうかね。

 

こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

せたなの食事処「浜の母さん」

北海道は一部の大都市を除くと、信号が少なく交通量も少ないので、「時速〇kmで走れば目的地に〇時頃に着くなぁ」という計算が、ほぼその通りになります。今回は、せたな付近をお昼の時間帯に通過することがわかっていたので、そこで昼食を食べようと考え、海沿いなので海産物を食べられそうなお店を検索し、こちらのお店を見つけました。
こちらは、ウニやホタテなどの直売所が、食事も提供しているようなお店のようです。12時頃に着いたので、お店はけっこうな数のお客さんがいましたが回転がいいので、注文した料理を待っている間に閑散とした感じになりました。
注文したのは、いくら・ホタテ・あわびの海鮮丼です(たしか3000円)。

 

コリコリとした食感のあわびと甘いホタテが特に美味しかったです。
この近くではウニも獲れるようで、道路に落ちているウニを何度か見ました。カラスが車に割らせようとしているのだろうか?今回は、ウニの季節には、ほんの少しだけ早かったようですが、ウニも美味しいんだろうなぁ。

鮭のアラは無料で持ち帰りできるようで、「いっぱい持って帰ってね」と、お店の方がお客さんに声をかけていました。北海道ならではですね。
ちなみに通販もしているようです(こちら)。

 


こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

小樽のパン屋「亀十パン」

実は、北海道で一番美味しいパン屋さんは、ここなんじゃないかというほど美味しいパン屋さんで、旅行の目的が、このパン屋さんへ寄ることになっている部分があると言っても過言ではありません。ということで、今回の旅行では、事前に電話で営業日を確認しておき、旅行中、2日間寄りました。
1回目は、土曜日の朝9時頃。この時間で既に、お客さんがいっぱい来ていて売り切れになりそうなパンもありました。これまでは早朝のジョギングがてら寄るパターンで、だいたい朝の5時とか6時頃だったので、時間がずれると、こんなにお客さんがいっぱい来ているとは知りませんでした(ちなみにお店のオープンは朝4時)。
お目当てのふらんすクリームが、まだ残っていたので、そちらと、薄切りクリームを1つずつ買いました。半年前よりも、ほんの少しだけ値上がりしているようでしたが、それでも、それぞれ180円と170円という驚きの安さ!
たまたま、ご主人も、お店に出ていらしたので
「このクリーム、すごい美味しいですよね。これだけで売っていないんですか?」
と訊ねると
「分けてあげたいんだけどパンに使う分しかないんでね。2日に1回しか作らないんですよ」
とのこと。

 

車に乗って、すぐに食べましたが感動の美味しさでした。クリームだけではなく、パンそのものもとても美味しいんですよ。
2回目は連休の中日の平日でしたが、11時半頃にお店に着くと、残っているパンがだいぶ少なく、フランスパンに具を挟んだタイプのパンは全て売り切れでした。ということで、コッペパンに具を挟んだタイプのパンをいくつか買って帰りました。次は、いつ行けるかなぁ。

 

 

以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・ブログ「あれこれと パン屋さん」⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

北大はジョギングや散歩に最高!

東京オリンピックのマラソンコースにもなった北大ですが、学生だけではなく一般の人も普通に入れるので、ジョギングや散歩にオススメです。
個人的には6年間過ごした場所なので、いろいろな思い出があり、もちろん懐かしさも感じますが、もし自分の母校じゃなくても、「キレイな場所だなぁ」と思うだろうなぁと。早朝にジョギングしながら撮った写真をいくつかアップします。「これ、森の中?」みたいな場所もありますが、全て大学の中です(笑)

 

 

 

 

 


今回は、北大の校章のデザインにもなっているオオバナノエンレイソウが咲いてないかなぁと、恵迪寮のほうまでジョギングしました(途中、フラフラと歩いている学生とすれ違いました。きっと朝方まで飲んでいたんでしょうね。今も昔も、そういうところは変わらないようですw)。

 

授業の際に、その辺りで「これが校章に使われている花だよ」と教わった気がするので。ただ、開花には少し早かったようです。

「おっ、もしや」

「あった!」

3輪だけ咲いていました。ここ数年、この花を見てみたいなぁと思っていたので嬉しかったです。

 

こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

横浜中華街の「東園」に行って来ました

健康診断も近いので、あまり大量に食べられないなぁということで、いつもより少なめに注文しました(笑)

 

大海老のチリソース

 

ワンタン
ほかに、ノンアルコールビールとテイクアウト用に牛肉の黒胡椒炒めも。
エビのチリソースは、大海老と小海老の2種類があり、どちらも美味しいのですが、プリプリとした食感が好みの方には、大海老のチリソースがオススメです。より弾力を感じることができると思います。大海老のほうが少し高いですけどね。
今回もサービスで、よだれ鶏、やわらか杏仁豆腐をいただいてしまいました。

 

よだれ鶏は、やわらかい鶏肉に甘酸っぱいタレがかかっています。このタレは、やはりプロならではという味付けなんですよね~。お酒にもよく合いそう。小皿料理のメニューにもありますので、もしお店に行くことがあればぜひ!やわらか杏仁豆腐は、単品メニューにはない料理ですが、コース料理に含まれている場合もあるので、そちらで食べていただきたい料理です。絶対美味しいです!



お店のHPはこちら
お店のYoutubeこちら


HPに中華街ランキングのページを作りました⇒こちら
これまでに行った中華街のお店の検索ページも作りました⇒こちら

横浜中華街の「龍鳳酒家」に行って来ました

ずいぶん、ご無沙汰してしまったのですが、夕方にお店へ行って、少しお話をして、テイクアウトで、あさり炒め、油淋鶏、巻き揚げを注文しました。
新山下町のほうまで、これから歩いて買い物へ行って来るので、1時間後ぐらいに取りに来ます」
と言って、買い物へ向かったのですが、思ったより遠く、帰りはチョー早歩きになりました(笑)

 

 

全体的に味が濃くなったような気がしますが、やはり美味しいですね。巻き揚げは、「最後だったので小さくなっちゃって。割引しておきますね」とのことで、もしかしたら少し小さいかもしれませんが、それでもサクサクとしていて美味しかったです。
お店は、7月頃から3ヵ月ほど営業時間が不定期になるかもしれないとのことです。



お店のtwitterこちら
お店のFBはこちら

 

HPに中華街ランキングのページを作りました⇒こちら
これまでに行った中華街のお店の検索ページも作りました⇒こちら

札幌のパン屋「夜のしげぱん」

たまたま近くのホテルに泊まったので行ってみました。
場所は、すすきの。こんなところにパン屋さんがあるのかなぁ?という場所にあります。このパン屋さんは、商品名が変わっていることで有名だと思います。私も、以前、何かの番組で見たことがあります。
お店は狭く、対面式です。ということで、その変わった名前のパンを「〇〇下さい」と、口に出して伝えないといけません。
買ったのは、よぺすアメリカ(260円)、しぶさん(210円)、たえちゃん(280円)、かまやつ(230円)です(内税)。

 

 

 


「かまやつ下さい」とか、けっこう恥ずかしい(笑)そういう人のために、番号もついていますが、私もヘラヘラと笑いながら「しぶさん1個と~」とか言ってました。ちなみに、よぺすアメリカはハンバーグチーズとナポリタンが入ったパン、しぶさんは明太チーズ入りのちくわパン、たえちゃんは、くるみとクリームチーズ入りのクイニーアマン、かまやつはクロックムッシュです。
クイニーアマンは、ちょっと変わっていましたが、ほかのパンはわりとオーソドックスな味でした。

 

お店のHPはこちら


以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・ブログ「あれこれと パン屋さん」⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

北海道の餃子店「みよしの」

あまりお腹がすいていなかったので、夕飯は、餃子をテイクアウトして部屋で食べることにしました。

 

久しぶりに買ったのですが、12個入りで530円でした。数年前の自分のブログを見ると、6個入りが200円だったようなので、けっこう値上げしたんですね。それでも安いほうかもしれませんが。

ヘナッとした薄皮とちょっと酸味が強めのタレが、みよしの餃子の特徴でしょうか。昔から変わらぬ味で懐かしく、そして美味しかったです。



こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

札幌のおむすび屋「にぎりめし」

こちらもすっかり恒例になってしまった、札幌での朝食に利用する、おにぎり専門店です。大泉洋さんが番組の中でベタ褒めしていたのを見たのがきっかけで、それ以来、札幌へ行く度に寄っています。そして、今回も夕食に利用しました。24時間営業というのが助かります。
今回は、鮭とおかかを醤油味で(それぞれ300円と260円)。

 

旨い!
鮭は以前、280円だったので値上がりしたのかな?さらに、5/1から値上がりするとのことで、その前に食べられて良かったです(笑)



こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

週末の花

しばらく見ていない間に、山下公園のバラは満開になっていました。
こちらは昨日の様子

 

 

 

 

 



こちらは今朝の様子

 


港の見える丘公園には、まだ行っていないのですが、そちらもきっと満開に違いない!今日、行って来ようっと。


こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!